ハイリンクス

WordPressのプラグインやオススメツール・ソフト、その他実際に使ってみて「コレだ!」というものをご紹介

【UpdraftPlus】サイトのバックアップ・復元がお手軽にできるWordPressプラグイン

      2014/03/27

131210_1918

UpdraftPlusはWordPressで作成したサイトのすべてのデータ(データベース、プラグイン、テーマ、ファイル)のバックアップ・復元が可能なプラグインです。

スポンサーリンク

WordPressのバックアッププラグインとして有名なのがBackWPupではないでしょうか?

こちらのプラグインでも問題なく使用できますけど、もし仮にエラーが発生してバックアップができない場合はあれば、UpdraftPlusを使用すると問題なくバックアップ出来ることがあります。

また、BackWPupに比べて、操作項目が少ないのでお手軽感がUpdraftPlusの方が一枚上手かな?と勝手に思っています。

 

ちなみに対応しているバックアップ先としては

FTP
Email
Amazon S3
Dropbox
Rackspace Cloud Files
Google Drive
Google Cloud Storage
DreamHost DreamObjects

この8つがあります。ただ、メインで使用するならFTPとDropbox、Google Driveくらいで十分だと思います。他は・・・使用したことないし、聞いたことがないものもあるので・・・

 

今回は、Dropboxを使用してもバックアップ方法をご紹介しておきます。
Dropboxを持っていない方はこちらからインストールして下さい。

Dropbox公式サイト

こちらのリンクからインストールすると500MBがボーナスとしてゲットできます^^

 

UpdraftPlusのインストール

1, 管理画面「プラグイン」>「新規追加」
2, 「UpdraftPlus」で検索
3, 「今すぐインストール」をクリック
4, 「プラグインを有効化」をクリック

 

UpdraftPlusの設定方法

管理画面 > 設定 > UpdraftPlus

 

現在のバックアップスケジュール

131210_122201

 

バックアップの設定とスケジュール

131210_122301

ファイルバックアップ間隔・・・Manual、 4・8・12時間、1日、1・2週間、1ヶ月

データベースバックアップ間隔・・・Manual、 4・8・12時間、1日、1・2週間、1ヶ月

retain this many backups・・・保存しておくバックアップ数

バックアップするファイル・・・ボックスにチェックしておきましょう

データベース暗号化フレーズ・・・わかりません!

※BackWPupはバックアップする時刻の指定が出来ますが、これはできません。「バックアップ」ボタンをクリックしてからの時間間隔となります。23時に開始して、1日ごとなら翌日23時にバックアップ。

 

Reporting

131210_122302

Eメール・・・入力しないでもOK。

 

Dropboxにバックアップする方法

バックアップをコピーする > 保存先を選択 > Dropbox

「After you have saved your…」をクリック

131210_122401

 

Dropboxのサイトに飛ぶので認証・連携を「許可」

131210_122402

 

認証が許可されると「you appear to be already authenticated」と表示されます。

131210_122601

 

管理画面上の「今すぐバックアップ」をクリック

バックアップが開始されます。

131210_122701

 

バックアップが終了すると「バックアップは確実に成功し完了しました。」と表示されます。

131210_123101

 

バックアップファイルの保存先

Dropbox > アプリ > UpdraftPlus

131210_1919

 

バックアップファイルの復元方法

管理画面 > 復元

131210_123301

 

復元したい対象を選びます。「復元」をクリック

あとは時が立つのを待つだけ・・・

131210_123501

 

まとめ

UpdraftPlusはWordPressで作成したサイトのすべてのデータ(データベース、プラグイン、テーマ、ファイル)のバックアップ・復元が可能なプラグインです。

個人的には、BackWPupと比べて設定する項目が少ないのでコチラを使用しています。今のところエラー表示がない(ファイルの容量が少ないから・・・)けど、状況次第で使い分けるのがいいかもしれません。

あと、UpdraftPlusはバックアップの時間指定ができないので、もしこの時間帯にバックアップしたい!のであれば注意が必要です。サーバーに負荷がかからない真夜中にバックアップを開始するのがオススメです。

 - WordPress Plugins


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

131215_1860
【WP Social Bookmarking Light】ソーシャルメディアボタンを設置できるWordPressプラグイン

WP Social Bookmarking Lightは投稿ページ・固定ページの …

131113_0001
【Better Delete Revision】過去のリビジョンを一括削除するWordPressプラグイン

WordPressには「リビジョン」という機能があります。これは今まで書いた記事 …

140407_2101
【Code Snippets】functions.phpをコード毎に管理可能なWordPressプラグイン

Code Snippetsはfunctions.phpをコード毎に管理可能なWo …

medium_155554663
【spam-byebye】日本語以外のコメントスパムを高確率で排除するWordPressプラグイン

spam-byebyeは日本語以外のコメントスパムを高確率で排除するWordPr …

140401_1901
【WP Htaccess Editor】.htaccessをFTPソフト不使用で編集可能なWordPressプラグイン

WP Htaccess Editorは.htaccessファイルをFFFTPやF …

140114_2302
【YARPP】関連記事をテキスト or サムネイルで自動表示するWordPressプラグイン

YARPP(Yet Another Related Posts Plugin)は …

131116_2201
【WordTwit Twitter Plugin】更新記事を自動でTwitterに投稿するWordPressプラグイン

WordPressでブログ・サイトを運営していて、新しい記事更新した際にTwit …

131120_2001
【Master Post Advert】moreタグの後に広告を自動で挿入できるWordPressプラグイン

Master Post Advertはあらかじめ設定しておいた広告タグをmore …

140102_1901
【PS Auto Sitemap】人間用サイトマップを自動生成するWordPressプラグイン

PS Auto Sitemapは人間用サイトマップを自動生成するWordPres …

131118_2001
【PubSubHubbub】リアルタイムインデックスさせるWordPressプラグイン

PubSubHubbub(パブサブハブバブ)はGoogleの検索エンジンに記事更 …